【サカナバル 都立大駅】6/20にOPENした新鮮な食材と美味しいワインが味わえる魚料理専門店

こんにちは!夏の太陽よりも熱い男!ネッシーだよ!

もうすぐ夏ですね!夏は暑い!暑いといえば海!海と言えば魚!
ということで今日は最近人気急上昇中の『サカナバル』の4店舗目が6/20に“都立大学駅”近くにニューオープンしたという情報を聞きつけて早速行ってきたよ!

『サカナバル』は肉料理一切なしの魚料理専門で、恵比寿、六本木、川崎の3店舗がある予約必須の人気店なんだ。

場所は東横線にある都立大学駅から徒歩1分の場所だよ、駅から近いのが嬉しいよね。

サカナバル 都立大駅

▲ 外観はこちら

看板がないから最初は店の前をウロウロしちゃって中々たどり着けなかったよ笑

サカナバル 都立大駅

▲ ニューオープンの祝い花

お店は一軒家作りで1F~3Fまであり、
カウンター席中心の1F、みんなでワイワイ楽しめるテーブル席がある2F、接待やデートにも最適な個室の3Fって感じかな。

サカナバル 都立大駅

▲ 店内1Fの様子

1Fはカウンターが中心の落ち着いた内装、写真には入らなかったけど手前にテーブル席もあるよ。

サカナバル 都立大駅

▲ 壁に並べられたワイングラス

2Fはテーブル席が中心で2名~って感じかな、奥には多人数用のテーブル席もあるから3名以上でワイワイ飲むなら2Fだね。

サカナバル 都立大駅

▲ 2F 2~3名席

さらに階段を上がって3Fへ、

3Fは個人的には一番雰囲気が良さそうに感じたね。ワインや料理をじっくり楽しむなら静かに飲める3Fの席で。

ちなみに今日は2Fの2名席に座ったよ。
では早速注文を、今回は白ワインのボトル、『フェウド パラディッソ ビアンコ』をオーダー。
ボトルワインは魚介に合わせた白ワインを中心に常時50本あるとの事。

サカナバル 都立大駅

『フェウド パラディッソ ビアンコ』

続いて料理の注文。
1品目は店員さんオススメの『練りうにとスパイシー半熟タマゴ』
特製スパイスオイルにつけ込まれた半熟タマゴと濃厚な練りうにペーストがマッチしたワインの肴には最高の1品。

サカナバル 都立大駅

『練りうにとスパイシー半熟タマゴ』

トロトロの黄身がいいですねぇ~。

▲ 卵を割ると、、、

バケットに乗せて食べるとほんのりとカレーの香りが、濃厚なウニとまろやかな卵の黄身にカレーのスパイスがいいアクセントになってるね。

サカナバル 都立大駅

▲ バケットに乗せていただきます。

▲ ワインに合うねぇ~

お次は『ハラペーニョを乗せた一本松の生牡蠣』を注文。こちらも店員さんオススメだったよ♪

サカナバル 都立大駅

『ハラペーニョを乗せた一本松の生牡蠣』

レモンを軽く絞っていただきます。ハラペーニョの辛みと酸味がクリーミーな生牡蠣に絶妙に合わさり、口の中に芳醇な味わいが広がるよ。

サカナバル 都立大駅

『オマール海老のグリル』

今日のメインは『オマール海老のグリル』
遠火でじっくり焼き上げたオマール海老は、芳ばしい香りに食欲をそそられる1品。
尻尾付近の身はプリプリで頭付近には濃厚な海老味噌が入っていて、もろみクリームソースをからめて食べるとより身の甘みが引き立つね。

食べ終えた殻を回収してもらいリゾットに、

サカナバル 都立大駅

▲ 『オマールの殻で出汁を取った〆のリゾット』

リゾットになって戻ってきたオマール海老ちゃん、1度で2度美味しいのはうれしいね。
オマールの殻から出た香りと風味が効いた濃厚だけどさっぱりとしたリゾット。

サカナバル 都立大駅

『天然真鯛のグリル イカ墨ソースと桃のピューレ』

ここまできてまだ魚を食べてない事に気付いた。。( ゚д゚)ハッ!
ということで〆は『天然真鯛のグリル イカ墨ソースと桃のピューレ』を。
一晩寝かせ旨味たっぷりの天然真鯛を京都の名店、日本料理の櫻川(さくらがわ)直伝の焼き方でふっくらとした焼き上がりに仕上げた1品。
ソースは“イカ墨ソース”と“桃のピューレ”の2種類で味わえるよ。桃と真鯛は合わないんじゃないかと思ったけど勘違いでした。。。相性抜群です!

美味しい魚とワインを楽しむなら、こちらのお店はとってもおススメ!カジュアル過ぎない感じで、幅広いニーズに対応してるから色々な場面で使えそうだね!
明日もmogoodで楽しい呑みライフを(^ω^)

サカナバル 都立大駅で、是非グルメマッチングアプリのmogood(モグット)を使ってみてね。

mogood-今すぐ飲み会!無料のグルメアプリ
開発元:UNIZONBEX inc.  無料