【北の国酒場】『蒲田で見つけた北海道料理と日本酒が豊富な居酒屋!

こんにちは!
お酒大好き、だいちゃんです。
蒲田で飲むことになったんだけど、蒲田って知ってる店が全然ないから、外観が良さげなお店に飛び込んでみたら大正解!

今日は、そんな店を紹介するよ!

▲ 店の外観

JR蒲田駅西口を出て、サンロード・ショッピングモールを少し行ったところにある『北の国酒場』

▲ 店の内観

カウンターとテーブル席があるからしっぽり飲むのもいいし、4〜5人でワイワイ飲むのもいいね。20名以上で貸切もできるみたい。

『しゃりきんレモンサワー』

飲み物のメニューを見たら『しゃりきんレモンサワー』っていうおもしろそうなのがあったから真っ先に注文してみたよ。
マイナス18℃で冷やしてシャーベット状にした焼酎とキンキンに凍らせたジョッキ、そこにフレッシュなレモン果汁を合わせた
しゃりしゃりキンキンなサワーらしい!

▲ シャーベット焼酎を注ぐ

焼酎を自分で注ぐ・・・ホッピーみたいなこのひと手間が楽しいよね。あ、ほんとにシャーベットになってる(笑)
味の方はほんとにキンキンで、グラスの縁に塩がついてて普通のレモンサワーよりすっごく楽しめるよ。

『蟹味噌』390円

北の国酒場の名のとおり、料理は北海道のものが多いね。まずは『蟹味噌』。コクがあって濃厚。これで390円は結構お得!

『ピリ辛豆もやし』290円

底カロリーだしすぐ出てくるし安いし、良いこと尽くめのおつまみ。もやしの豆の食感って好きだなぁ。

『生牡蠣2種食べ比べ』770円

牡蠣って宮城とか広島とかが有名なイメージがあるけど、北海道も結構食べられてるんだよね。
特に厚岸(あっけし)という北海道の太平洋側の町の牡蠣は有名。

今回はその厚岸産の『まるえもん』と厚岸より少し西側に位置する昆布森(こぶもり)産の『真牡蠣』を食べ比べてみたよ。
どちらも少し小ぶりながらも旨みが凝縮されててクリーミーな味わい♪

『氷下魚の生干し焼き』390円

氷下魚・・・何て読むかわかる!?これで”こまい”って読むんだよ。俺はもちろん知ってたよ?(笑)
うちのおやじの好物で、俺も高校の頃から食べてたから知ってたんだ。
けっこう独特なにおいがあって好き嫌いが分かれるかもだけど、くさいの大好きな俺はもちろん好物♪身がぷりっとしてて美味しいし、背骨以外は全部食べられるから干物の中ではダントツに食べやすいよ。

『ベルソースの生ラムジンギスカン』590円

生ラムのジンギスカンが熱々の鉄板で提供される!ソースを自分でかけてじゅわ〜っとなったとこをわしゃわしゃ食べる喜び♪

▲ 壁に日本酒飲み比べの張り紙が!

ちょっとこの辺で日本酒も飲みたいなと思ってたとこで、『日本酒三種飲み比べ』なるオーダーができることを発見!
1杯500〜600円するところを3種類飲めて890円はかなりお得じゃない!?

▲ 飲み比べ用のグラス

店員さんにオーダーしたらこんなグラスを渡されたよ。どうやら自分で注ぐらしい。
この辺は好みが分かれるかもだけど、自分で注ぐのをめんどくさいと思うか、ラッキーと思うか。
俺なんか「自分で注げるならちょっと多めにいれちゃお」とか思っちゃうタチだからラッキー派ね(笑)

▲ 壁の日本酒ディスプレイ

飲める日本酒は壁にディスプレイされているもの全部。
ちゃんと産地と味の説明が書かれているので俺みたいな日本酒があんまりわからない人でも楽しめるはず!

▲ 日本酒は冷蔵庫に。

壁の一升瓶から注ぐわけじゃなくて、ちゃんと冷蔵庫に保管された瓶から飲めるのでご安心を。
ちなみに試飲もちょっとだけできるみたいだから、自分の気に入った味をじっくり選んでもいいね。

▲ 選んだ三種

結局選んだのはこの三種。左から北海道『男山 山廃 純米吟醸』、同じく北海道『純米愉酒屋』、最後は愛媛『川亀 純米大吟醸』

▲ 日本酒を注ぐ俺

なんかたたずまいが漁師っぽいけど気にしないで(笑)

▲ たっぷり注ぐの図

お言葉に甘えてグラスになみなみ注いでみたよ。これ自分の席まで運べるかな(笑)
基本的に日本酒は純米吟醸〜大吟醸のふっくら甘味があって吟醸香がするのが好みなんだけど、
質の高い3種類をこんな風に飲み比べできるのはかなりお得♪

mogoodで集まったメンバーで日本酒全種類制覇してもおもしろそうだね!
まだまだ食べたい北海道料理もあったから再訪すること間違いなし♪

北の国酒場で、是非グルメマッチングアプリのmogood(モグット)を使ってみてね。

mogood-今すぐ飲み会!無料のグルメアプリ
開発元:UNIZONBEX inc.  無料