【芝浦食肉 市ヶ谷店】ホルモンとちょっと変わった酒が楽しめる!

こんにちは!
お酒大好き、だいちゃんです。
どうにもこうにもホルモンが食べたくなる日ってあるよね~!
今日はそんな日に行ったお店を紹介するね。

▲ 店舗外観

行ったのは市ヶ谷にある「芝浦食肉」。塚田農場や関根精肉店などを運営するAPカンパニーの別ブランドで、市ヶ谷の他には池袋、川崎、大森の全4店舗のみという少数精鋭。

▲ 店舗内観

以前紹介した関根精肉店同様、ビールケースで作ったテーブルや丸イスから懐かしさを感じるね。それから店名に食肉とか農場とか精肉店とか付いていると新鮮なものが食べられそうなイメージが湧くよね。このマジックはAPカンパニーの発明かな?ついついそういう店名がついてるとこ選んじゃうんだけど、あとで調べるとだいたいAPカンパニーという(笑)

『生ビール』480円

まずは生だよね!このお店の生は『サントリー ザ・プレミアム・モルツ』。泡とビールのバランスよし!やっぱAPカンパニー系はビールの注ぎ方がうまいね。しっかり教育されてる証。

▲ 生を飲む俺

やっぱこういう酒場感が満載の店で飲むビールはうまいね!

『馬肉とホルモンのミックス刺し』740円

馬肉、センマイ、ハチノス、ガツ、ミミガー、鶏皮が1皿に乗ったミックス刺し。

▲ 自分で混ぜる

卵黄をつぶし、タレをかけて混ぜ混ぜして…

▲ ごちゃ混ぜホルモン

ごちゃ混ぜになったホルモンたちを口に放り込む!自分で混ぜるひと手間がいいね。

『バリバリ生キムチ』460円

自分で作るのが好きな人にはこちらもオススメ。白菜とニラたっぷりの旨辛なキムチだよ。

▲ トングで混ぜる!

ステンレスのボウルに入ったキムチをステンレスのトングで混ぜるという無骨な作業(笑)

▲ 無骨なキムチ(笑)

できあがりも無骨なキムチだけど、しんなりしていないフレッシュなキムチは何だか不思議な感覚が味わえるよ。

『パクチーサラダ』460円

パクチーたっぷりのサラダは燻製ミミガー入り。ミミガーが主役じゃなくて脇役なところがポイントね。あくまで主役はパクチー。

『もつ鍋(旨辛味噌)』1360円(2人前)

メインの料理にはもつ鍋をチョイス。鍋の水平線をはるかに超えた盛りの具材にテンションが上が~る!

▲ 加熱後

豚骨ベースに20種類の素材をブレンドしたオリジナルスパイスと韓国味噌を加えた濃厚スープ。数分加熱したらできあがり!

『ジンと肉』480円

そんなもつ鍋に合わせるためにオーダーしたのが『肉専用サワー』と紹介されていたこちら。

▲ 水面にはブラックペッパー

なんとブラックペッパーが入ったジントニック。これが甘めなトニックとすごく相性がいいんだよ!

『パクチーモヒート』550円

もつ鍋とジンと肉の相性が抜群ですぐになくなっちゃったので追加オーダー。ブラックペッパーに続いて今度は酒にパクチー!でもこれも意外と合うんだよ。

▲ 一升瓶から『赤ワイン

パクチーモヒートもすぐに飲み干すがまだまだ飲み足りない!というわけでオーダーしたのは…。一升瓶から真っ赤なワインが!

『五一ワイン』460円

ビールジョッキに氷を入れたスタイルで飲むワイン。長野県塩尻産・コンコード種のやや甘口な赤をガブガブ飲む。こういうワインの飲み方もいいね。

▲ 〆には『うどん』

〆には鍋のピリ辛残り汁にバラ海苔を入れて、うどんを食べる!

▲ 〆うどん完成

卵とにらも加えて完成!いつも以上にたくさん飲んだ気がする。これは料理がうまかったからかな。

酒場感満載の店内でホルモンとちょっと変わった酒たち。mogoodで集まった仲間とも盛り上がること間違いなし!!!

芝浦食肉 市ヶ谷店で、是非グルメマッチングアプリのmogood(モグット)を使ってみてね。

mogood-今すぐ飲み会!無料のグルメアプリ
開発元:UNIZONBEX inc.  無料