【神戸牛しゃぶしゃぶ おもき 離れ】赤ワインや日本酒で神戸牛をしゃぶしゃぶ!

こんにちは!
お酒大好き、だいちゃんです。

先月オープンしたばかりの銀座にあるしゃぶしゃぶの店に行ったきたので紹介するね。

▲ ビーノ銀座にある店

2017年にオープンした銀座エリア最大の商業施設”GINZA SIX”。
そこから道を挟んで反対側に立地する”ビーノ銀座”4Fにあるのが今回紹介する「神戸牛しゃぶしゃぶ おもき 離れ」だよ。

▲ 料亭のような入り口

エレベーターを降りて俺たちを迎えたのは料亭のような高級感のある入り口。
縦格子戸に真っ白な暖簾がいい意味でちょっぴり緊張感を与えてくれていいね。

▲ 店の内観

席数は全部で90席ほど。テーブル席と堀こたつ式の席があるから好みで選ぶといいね。
俺は堀こたつ式の席が好きだなぁ!

『獺祭 純米大吟醸 スパークリング50』

乾杯はビールやシャンパンもいいけど、今日は獺祭のスパークリングで!
発泡日本酒ってちょっと前は珍しかったけど、今ではかなり浸透してきてこういう乾杯の場でもよく使われるようになってきたよね。

『前菜三種』

まずは前菜から。左から『焼き白子』『〆寒さば菊花和え』『牡蠣のオイル漬け』
春先の季節感が堪能できる小料理だね。さっぱりとした味わいで獺祭スパークリングにして正解♪

『肉菜の彩盛り四点』

続きまして肉を使った”八寸”。八寸って簡単に言うと酒の肴になる盛り合わせ料理ってこと。
左から『牛松風』『赤身ウニ巻き』『牛時雨おろし』『ロービー寿司』
一皿にいろんな調理法の肉料理が乗ってて目でも舌でも楽しめる料理だね。

『早堀筍の木の芽味噌田楽』

メイン料理であるしゃぶしゃぶの前の”凌ぎ”はこちら。凌ぎはその名の通り、懐石料理の途中で空腹を凌ぐために出されるちょっとした料理のこと。
普通は赤飯や小ぶりなお寿司、少量の蕎麦やうどんであることが多いけど、季節料理が出ることもあるね。
この日は小ぶりな筍に木の芽の味噌と茗荷。手前にひょっこり帆立がいて何気に山の幸と海の幸の共演♪

『スーパードライプレミアム』

ちなみにビール派の人はこちら。スーパードライプレミアムの生だよ!

『グラスワイン(赤)』

この後の肉料理に合わせるためにグラスワインを頼んだらこんなでっかいグラスで出てきた(笑)
グラスワインの域を超えてるよね。ちなみに中身はジュヴレシャンベルタン。中身もグラスワインのレベルから外れてる!!!

▲ おもき離れのしゃぶしゃぶの特徴

さてメイン料理であるしゃぶしゃぶの前に、この店のしゃぶしゃぶの特徴を紹介するね。
最大の特徴は4種類の出汁から2種類が選べるってこと。
『赤ワイン出汁』『日本酒出汁』『お茶出汁』『黄金昆布出汁』が用意されてるという…なんてラグジュアリーな鍋なんだ!

▲ ジュヴレシャンベルタンを鍋に!

普通、料理に使う酒って「そんなに高くないものを使うんじゃない?」って思うんだけど、
この店は赤ワインはさっき紹介した『ジュヴレシャンベルタン』を、日本酒は乾杯で飲んだ『獺祭スパークリング』を惜しげもなく使ってるんだ。
ほらこんなふうにジュヴレシャンベルタンを鍋にどぼどぼと!

▲ 赤ワインと日本酒の鍋

二色鍋が紅白になってきれいだよね!これでしゃぶしゃぶしたらおいしそうだ!

▲ 鍋に入れる具材

具材はサニーレタスや春菊、ねぎ、椎茸、にんじん、マロニー、薄切りの餅が提供。

『神戸牛相盛り』

しゃぶしゃぶの肉は神戸牛の相盛りをオーダー。
赤身と霜降りなんだけど赤身でも結構霜降り入っててなんだかお得♪

▲ 赤ワイン出汁でしゃぶしゃぶ

そんなお肉を赤ワイン出汁でしゃぶしゃぶ!

▲ 薬味が豊富

赤ワインでしゃぶしゃぶしたら、オススメなのが右手前のトリュフ塩が入ったオリーブオイル。
他にも定番のポン酢やわさび塩なんかもあって好みで選ぶといいね。

『七穀うどん』

〆はうどん。色が蕎麦っぽいけどれっきとしたうどんだよ。7種類の穀物を使ってるからこういう色になるんだね。
このうどんが噛めば噛むほど味があってほんとに美味しかった!

普段使いというよりはちょっとハレの日に行ってみたいお店だね。
仲間内で何か祝い事があったとか、大きなイベントの打ち上げとか。
もちろんmogoodで集まったメンバーといいお肉が食べたいときにもぴったり♪

神戸牛しゃぶしゃぶ おもき 離れで、是非グルメマッチングアプリのmogood(モグット)を使ってみてね。

mogood-今すぐ飲み会!無料のグルメアプリ
開発元:UNIZONBEX inc.  無料