【炭火焼鳥あら】立川に昨年10月オープン!絶品の焼鳥とこだわりのアテが食べられる現代的な街の焼鳥屋!

今日も突然、こんばんは!
海老蔵でございます。

今回は“立川・南口エリア”
立川エリアは、中央線でも2番目に乗降客数が多いとされる西東京の都。その立川エリアで常に女性が7割占める焼鳥屋がある。その焼鳥屋が“玉屋キッチン”。その卒業生が昨年10月に逆口でオープンしたのがこちらのお店!と言うことで、「炭火焼鳥あら」さんに訪問しましたので早速ご紹介します。

【第一部】 案内 ~ 入店編

▲ お店の外観はこんな感じ♪

通り沿いの角地路面店です!

▲ 店内『カウンター席』

店内はカウンター席が中心で、テーブル席もちらほら点在しています。

▲ 焼鳥はテイクアウトOK

オフィスだけでなく、ベッドタウンでもあるこのウエストサイドのビッグシティ“TACHIKAWA”。
来店中も“TACHIKAWAマダム”や“TACHIKAWAダディ”が焼鳥のテイクアウトを目的にちらほらと。。

▲ ※撮影はBOSS

今日は、あと同い年にして戸越銀座で“炭火ホルモン焼きのネバーランド”を運営するサワちゃんこと澤田くんと立川リサーチ!

営業時間に合わせて間もなく来店したため、まだ入店はまばらでしたが、3名でしたのでテーブル席に座らせていただきました。

【第二部】 注文 ~ 退店編

それでは、オーダーしましょう!

『ピーマンの塩昆布漬け(だったような・・・)』

名物の焼鳥は“おまかせ7本”でオーダーしつつ、焼いている間のアテでオススメメニューからこちらをチョイス♪

▲ ビールを飲み干し『塩レモンサワー』

BARでよくある口元に付けた塩(スノースタイル)ではないのが個人的に好感を持てます!
スノースタイルだと、最初に塩が口に直撃してくるので苦手なんです・・・

『もずく酢』

こちらもオススメメニューから!
スダチと茗荷のアクセントが良いですね~♪
さぁ、焼鳥よ!いつでも来―――い!!!

『ウニ蟹味噌の塩辛』

まだ来ませんでした・・・(笑)
こちらは、海老蔵リクエスト!
海苔に巻いていただきます。イカの塩辛ほど、しょっぱさを感じることなく、ウニとカニの濃厚でクリーミーな味わいのイカ(゜o゜)
クセになりそう。。

▲ と、ここでもう一杯『白トマトサワー』

もうね、ネーミングにやられましたねw
好奇心旺盛なので、こういうのチャレンジしたくなっちゃうんです!
確かに、赤くないww
通常のトマトサワーより、サッパリと飲めるかも♪

さて、ここから自慢の焼鳥タイム!!

『上レバー炙り』

やっぱりレバーって旨いですね~(*^▽^*)

『ひなどりおろし』

ヒナ鳥のモモにはおろしがタップリと乗っています!!
うまうま~(*´з`)

『皮』

皮には絶妙なタレが!!
これは吞兵衛にはたまらん(^_-)-☆

『さえずり』

さえずりとは“気管”の部位。
弾力のある食感が特徴です♪

『つくね』

タレにくぐらせたつくねは卵黄と一緒にいただきます♪

『せせりネギ』

せせりには、ネギがどっさりと乗っていて、ある意味“せせり版ネギ間”のような商品!
おもしろい!(^^)!

▲ 最後は『椎茸』

最後が“椎茸”ってなんかいいですねw
味が浸み込んだ椎茸の水分が、まるで〆の“あがり”のような役割に(/ω\)

立川で焼鳥を食べるなら外せないお店がまた増えちゃいましたよーー!!
まだまだ、ご紹介できなかった気になるメニューたくさんあります!
店内の造り的に、少人数がオススメ(*^^)v

さて、今日もmogoodを使って楽しいお店選びを♪

炭火焼鳥あらで、是非グルメマッチングアプリのmogood(モグット)を使ってみてね。

mogood-今すぐ飲み会!無料のグルメアプリ
開発元:UNIZONBEX inc.  無料