【くさやバー】池袋にできた日本初のくさや専門店でくさやと伊豆諸島の焼酎を堪能!

こんにちは!
お酒大好き、だいちゃんです。
以前、伊豆諸島料理にハマってることを紹介したと思うんだけど、今回紹介する店にはみんなびっくりするかもしれない。

なんと“くさや専門”の「くさやバー」なんだ!

AIGAE KUSAYA BAR(くさやバー)

▲ 店の看板

池袋駅東口から徒歩5分にあるビルの4Fに店を構える「くさやバー」
正式には八丈島にある藍ヶ江水産が経営しているため「AIGAE KUSAYA BAR」という店名なんだけど「くさやバー」で通じちゃうからOK。

AIGAE KUSAYA BAR(くさやバー)

▲ 店の内観

店に入ってみるとバーの名前どおりに大きなバーカウンターがあり、ベストを着たバーテンダーが立っているというオーセンティックな雰囲気。でも決定的に違うのはバックバーに並んでいる酒がウイスキーではなく伊豆諸島の島焼酎ばかりだということ!

AIGAE KUSAYA BAR(くさやバー)

『羽伏浦ソーダ割り』

とりあえずビール!といきたいところだけど、バックバーに並んだ島焼酎を見ちゃったからにはもう気分は伊豆諸島。青いボトルが美しい新島の焼酎『羽伏浦』をソーダ割りでオーダー。麦焼酎は基本的に軽やかだけど、この羽伏浦はひときわ軽やかで爽やか。だからソーダ割りがものすごく合うんだ!

AIGAE KUSAYA BAR(くさやバー)

▲ お通し

お通しからして全部くさや!さすが“くさや専門”。左からアオムロアジのくさや、くさやチーズ、トビウオのくさや。くさやはそのまま食べても奥深い味わいで美味しいんだけど、添えられた七味マヨネーズをつけて食べるのもいいよ!

AIGAE KUSAYA BAR(くさやバー)

『くさやアヒージョ』

うまさにびっくりしたのは、この 『くさやアヒージョ』。くさや、パプリカ、ブロッコリーをグツグツとオイル煮にしているんだけど、旨味と香りがオイルにしっかりと移っていてバゲットがいくらでも食べれちゃう。これはナイスアイデア!

AIGAE KUSAYA BAR(くさやバー)

『島寿司』

伊豆諸島を代表する料理といえばこれ。唐辛子醤油に漬けたネタで握った『島寿司』。一般的なタイプと炙りタイプの2種を食べたけど、炙りタイプもかなりイケる!

AIGAE KUSAYA BAR(くさやバー)

▲ テキーラ 『クエルボ・エスペシャル』

ちょっと趣向を変えてテキーラを飲むことに。すると…ショットグラスに、まさかのくさや!!!ここは普通ライムを刺すんじゃないの!?恐る恐るくさやをかじって口の中にまだ残っている状態でテキーラをくいっと…おっ!?くさやとテキーラ、香りの強いもの同士が手を組み合ってものすごく芳醇なことになってる。これはクセになるマリアージュなんじゃないか!?

AIGAE KUSAYA BAR(くさやバー)

▲ 八丈島 『島の華』

調子に乗って焼酎をどんどんオーダー。
今度はお店を経営する水産会社がある八丈島の焼酎 『島の華』をロックでオーダー。こちらも最初に飲んだ、羽伏浦同様に軽やかながらも、ほんのり香ばしさを感じる飲み口がいいね!

AIGAE KUSAYA BAR(くさやバー)

▲ 八丈島『ジョナリー』

そしてこれまた八丈島なんだけど、こんどは麦と芋を両方使ってる珍しい焼酎。伊豆諸島では結構ポピュラーな製法らしいよ。そしてこの八丈島『ジョナリー』は樫樽貯蔵により焼酎なのに薄い琥珀色とラム酒のような香りがあるというかなり個性的な1本。ボトルのラベルも独特すぎて最高!

AIGAE KUSAYA BAR(くさやバー)

▲ 元・新島観光PR大使

この日はたまたま元・新島観光PR大使である鈴木マイラさんが新島やくさやのPRをしていたよ。そんな彼女のオススメはやっぱり新島の焼酎。

AIGAE KUSAYA BAR(くさやバー)

▲ 新島 『無が六酎』

無肥料・無農薬・無散水・無濾過・無調整・無加水と6つの無で作られた焼酎だから 『無が六酎』。島焼酎の中ではアルコール度数高めな35度の芋麦混合。軽やかな麦の香りと芋の甘い香りのいいとこ取りをした焼酎。みんなにも味わってほしいなぁ。

AIGAE KUSAYA BAR(くさやバー)

▲ 焼きくさやタイム!

さてさて、メインイベントの時間だよ。バーカウンターの後ろ側にある換気を計算し尽くされたVIPルームで焼きたてのくさやが食べられるんだ。この日はなんと新島にある“吉山”、“丸五”、“菊孫”、“池太”という4つのくさや生産者のくさやを食べ比べ!くさや好きにはたまらないメニューだね。両面同時に焼ける特別なロースターでじっくり焼いていく…。

AIGAE KUSAYA BAR(くさやバー)

▲ 焼き上がり!

生産者ごとにくさや液や製法が違うから味わいもそれぞれ異なってくるんだけど、香りが穏やかなものから少し強めのものまで。なかなか同じ魚(ムロアジ)を同時に食べ比べする機会ってないからすごく楽しかった!

くさやは食わず嫌いな人が多いと思うけど、この店に行ったら好きになる人が多いんじゃないかなぁ!
mogoodで集まったメンバー同士でも、ぜひくさやを好きになってほしい!一度好きになったら絶対にハマるから(笑)

AIGAE KUSAYA BAR(くさやバー)で、是非グルメマッチングアプリのmogood(モグット)を使ってみてね。

mogood-今すぐ飲み会!無料のグルメアプリ
開発元:UNIZONBEX inc.  無料